» 未分類のブログ記事

自動車保険の車両保険は、事故などによって保険契約者が所有する自動車が毀損したときに、その修理費用などに充てるため、あらかじめ契約の際に設定した保険金額の範囲内で、必要な実費相当にあたる保険金が支払われるものです。
この保険は、地震や津波などの自然災害を除き、ほぼすべての場合をカバーできるタイプのものと、保険料を安くして当て逃げや単独事故など、事故の相手方がいない場合の補償を除いたタイプとに分かれます。
ただし、いずれの場合であっても保険金が支払われない免責事由というものが保険約款のなかに定められています。
その代表的なものとして、実際に保険を契約している本人である保険契約者や、その家族や同居の親族などの一定範囲の人を指す被保険者らの故意または重大な過失によって生じた事故の場合が挙げられます。
例えば、飲酒による異常な精神状態のまま運転して事故を起こしたとか、無免許運転で事故を起こしたとか、一般道の交差点に大幅な速度超過のまま進入してコーナーを曲がりきれずに事故を起こした、などの場合です。
いずれも事故が容易に起きるであろうことが予見できるものですので、こうした場合には車両の損害が発生したとしても保険金は原則として支払われません。

天災に関する補償特約は、保険会社がもっとも嫌がる部分です。
一度に、広範囲に起こり、大多数の人に対して莫大な保険金を、同時期に払わなければならない。
民間の保険会社が扱うにはリスクが高すぎるので、保険商品としては成り立たないからです。
東日本大震災で、多くの車が津波で流されましたが、自動車保険で再購入出来た人はいないはずです。
その当時も、天災による損害特約はありましたが、保険会社が積極的に販売していなかった事もあって、
その加入率は、1%程度だったからです。
震災後に、お客様からの要望や問い合わせが相次いだために、地震や噴火に対応する特約が再注目されました。
しかし、いくつか注意点があります。
これは、車両が全損した時しか使えません。
住宅に付ける地震保険と違い政府との共同運用ではなく、個々の保険会社が運用しているからでしよう。
少しの傷など一部損まで補償対象なら、保険会社が潰れてしまうので、これは仕方ないかもしれません。
保険金も50万円が上限です。300万の車が駄目になったから、300万が貰えるわけではありません。
保険金の支払い条件からすると、これは同じクラスの車を再購入する為の特約ではなく、
次の生活の足がかりに利用するものだと考えられます。
日常的に車がなければ生活に支障がある方や、
車を使わないと仕事を継続できない事業主の方などが、
20万~30万の中古車を購入するためのものと考えた方がよいです。

飲酒運転で交通事故を起こした時、車両保険金はおりません。
買ったばかりの車が廃車になっても、一般車両保に加入し高い保険料を払っていても保険金はおりません。
また、自分が怪我をして後遺症が残っても、例え命を落としても、人身傷害保険や搭乗者傷害保険から、
支払いはありません。これは、無免許や麻薬使用などでも同様です。
ただし、相手の車損害や怪我に対しては、被害者救済の観点から補償対象となります。
また、飲酒運転の場合、自動車保険の継続時には保険会社から契約を拒否されます。
保険会社も保険引き受けの判断基準があります。
危険運転致死傷罪が適用されるような行為を平気でする契約者は、リスクが高すぎるので加入を断ります。
個人契約だけでなく、会社契約の自動車保険も同様で、危険な従業員を雇用している会社だと判断されます。
社有車を何台も保有している会社でも、たったひとりの従業員の酒飲運転が原因で、
次年度は、自動車保険の継続を断られる事になります。
更に、過失割合に関しても、無免許や酒飲み、麻薬使用の場合は、それだけで過失分が1~2割程度上乗せされます。
従って、相手の過失分が相対的に低くなります。
飲んだら乗るなの標語がありますが、まさにその通りです。

自動車保険では自賠責保険と任意保険というものがあり、どちらも民間の保険会社によるものですが、自賠責保険は強制保険で車を所有する場合、必ず加入しなければいけない保険です。
一方、任意保険は自賠責保険の枠を超える損害賠償などが発生した場合に、これを担保するもので、人身事故を引き起こした場合の賠償や自分の車の修繕費などに充てるもので、人身事故となり相手の車に損傷を与えた場合、自賠責保険の補償では済まないことが多いです。
その際に任意保険が適用されます。
車両保険は設定された車両の価格(価値)分の修繕費や廃車となった場合に、設定金額までの保険金支払いがされますが、車両保険に加入していてもお金が支払われないことがあります。
まず、1つのケースとして、限定補償となっている場合に相手がいない当て逃げや、物との単独事故を引き起こした場合に保険が適用できないことがあります。
この場合、当然保険会社からお金の支払いがありません。
飲酒運転や薬物使用の危険運転の場合、相手への賠償金支払いはされますが、自分の車の修繕費や怪我への補償はされません。
この場合、そもそも法を犯して運転しているため、問題外となりますが、被害者救済のため相手の賠償への保険は有効となり、お金が支払われます。

自動車を所有、運転していると、強制加入の自賠責保険と、任意加入の自動車保険があります。
任意加入の自動車保険は、保険契約本体や特約の内容、運転者自身の現況や車種など、さまざまな条件で保険料が決まります。
自動車は、自動車税や駐車料など、燃料費のほかの維持費もいろいろありますが、もしもの時には重大な結果を招くので、ぜひ加入しておきましょう。

 保険の内容の中でも、歩行者や自動車と事故を起こしてしまった場合の補償に加えて、自損事故、自分でぶつけたり、こすってしまったときの修理に使用できる保険を車両保険といいます。
相手がある、いわゆる”交通事故”に比べると格段に可能性が高いので、車両保険の有無は保険料の金額に大きく影響します。
とはいえ、自分でぶつけた修理でも修理代は高額になることがあるので、車両保険を付けておきたいところですが、保険料も抑えたいという時は免責金額を設定します。
たとえば5万円としていしたら、保険仕様の際に5万円だけは自己負担をすることになります。金額設定をいくらにするかで保険料の金額に大きく影響します。

 車両保険を使用すると等級が下がり、翌年の保険料の割引は減ってしまいます。小さな修理なら自費で済ませたほうが翌年以降の保険料も変わらないので、高額な修理が必要なときだけ保険を使うという場合にも有効です。

車両保険のデメリットは保険料がやや割高になることです。これは対面型の従来からあるタイプも、またインターネット通販型の保険でも同様です。 ただし、この保険にはいろいろなメリットもあります。たとえば輸入車などでちょっと高級なタイプの車両などは、ガレージ付きの車庫などでない限りいたずらをされて落書きをされたりあるいは傷をつけられてしまう危険性があります。そのため、この保険に加入しておけばこういった事案にも対応ができます。 また、自動車同士の接触事故などの場合で、相手方が任意保険に加入をしていない場合には、車両関係の費用負担をすぐにしてもらえない可能性があります。そうしたときには日常自動車を使用しなければならないのに、事故により使えないために日常生活に支障が出てきてしまいます。 こうした時にこそ対応するための保険がこの車両保険ですから、加入しておけば事故に遭って相手方が十分な賠償ができない場合でもとりあえずは自分についてはその保険で対応ができるために、あとのことは保険会社と加害者側とで話し合って決めてもらうという流れにできます。つまりそこから先は、被害者側はもうタッチしませんよということができるということになります。

私たちの日常生活の足として、或いは趣味として現代社会において欠かすことのできない自動車。
そしてその自動車に安心・安全に乗るために不可欠となるのが自動車保険です。

万が一に備えて任意保険に加入をしている人は世の中に数多くいますし、対人・対物補償といった相手側に対する補償や自損事故時などの自分に対する補償などをしっかり考えている人は多いです。

そんな中、ついつい見落としてしまうのが自分の車に対する補償、すなわち車両保険です。
自損事故はもちろん、相手との事故でも相手の非が100%でない限り、破損した自動車の修理費用は自己負担となってしまいます。
しかし、車両保険に加入していれば保険金額が支払われるのです。

会社や契約内容によって異なりますが、車両保険ならば、事故の種類を問わず自動車の破損具合に応じて補償を受けることができます。
また、事故以外でも車上荒らしに遭った場合や車に取り付けられているカーナビが盗難にあった場合なども対象となり、保険金額を受け取ることができるのです。

任意保険に車両保険を追加すると、支払金額が増加するため、ついつい敬遠してしまいがちです。
しかし、もしもの時に手痛い出費を防ぐためにも車両保険は大切だと言えるでしょう。

車を所有する人の多くは任意保険に加入しています。
万が一重大事故を起こした場合に、自賠責保険のみでは十分に賠償が出来ないため、任意保険はこれらの大きなリスクに対して担保する役割があります。
任意保険の中に、相手の車両や生命を補償する対人対物の保険と自身の車両の損傷に対する車両保険とがあり、新車購入する人の7割から8割が車両保険に加入してます。
また、車両保険加入者の7割以上が通常の補償で、3割の加入者が相手がいない場合の損害に対しての補償がされない限定補償での加入となっています。
このように、補償内容がカスタマイズできる任意保険では、加入者が支払う保険金の掛け金や、受け取る保険金額を選び自由に設定が可能ですが、基本的には万全な体制の保険に加入することが大切です。
保険の掛け金はこれを使用することが無ければ必ず、負担が軽くなってゆきます。
また、保険を利用することで高くなります。
車両保険でお金が支払われるからと言ってむやみに保険を利用すれば3等級上がり、翌年度からの割引も適用できません。
しかも、車両保険を利用して修繕すれば修理見積もりが一般に高くなります。
実費で10万円台の修理代であれば自己負担したほうが良いことがあります。

現在、CMなどで車両保険というフレーズをよく耳にする人はいるでしょう。しかし、車両保険とは詳しく理解している人は少ないです。
では、車両保険とは何か?基本的に、自分の車が損害を受けた場合に車の修理代を保障してくれる保険です。自動車の任意保険というと対人事故などで破損した自動車をイメージするでしょう。この、車両保険はそういった対人事故などに限らず、火災や台風、盗難の被害を受けた場合でも保障してくれます。また、装備品なども保障の対象に入ります。これが、車両保険の特徴です。
それでは、車両保険に加入するメリットですが、事故が起こってしまった場合、過失に関わらず先に車の状態を元に戻せます。仕事上で車が必要な方などは、生活に関わる問題です。車を現状復帰させてしまえば移動も困ることもなくなります。やはり、事故の状況に左右されずこちらの状況を現状復帰できる状態にすぐ持っていけることが最大のメリットと言えます。
次に、ローンを組んで車を購入されている方もいます。車は所持しているけどローンを払えておらずまだ、完全に自分の物ではない状態の人がなんらかの形で車に損害を与えて走行することができなくなるケースも珍しくはりません。そうなってしまった場合、手元には車はないがローンは払わなければならないまたはローンに加え修理費も支払わなければならないという現実が待っています。そういった方が車両保険に入っていれば、全て解決します。
いつ何が起こるかわからない今では、車両保険はとても大事なものになっています。