自動車保険の車両保険は、事故などによって保険契約者が所有する自動車が毀損したときに、その修理費用などに充てるため、あらかじめ契約の際に設定した保険金額の範囲内で、必要な実費相当にあたる保険金が支払われるものです。
この保険は、地震や津波などの自然災害を除き、ほぼすべての場合をカバーできるタイプのものと、保険料を安くして当て逃げや単独事故など、事故の相手方がいない場合の補償を除いたタイプとに分かれます。
ただし、いずれの場合であっても保険金が支払われない免責事由というものが保険約款のなかに定められています。
その代表的なものとして、実際に保険を契約している本人である保険契約者や、その家族や同居の親族などの一定範囲の人を指す被保険者らの故意または重大な過失によって生じた事故の場合が挙げられます。
例えば、飲酒による異常な精神状態のまま運転して事故を起こしたとか、無免許運転で事故を起こしたとか、一般道の交差点に大幅な速度超過のまま進入してコーナーを曲がりきれずに事故を起こした、などの場合です。
いずれも事故が容易に起きるであろうことが予見できるものですので、こうした場合には車両の損害が発生したとしても保険金は原則として支払われません。