自動車保険では自賠責保険と任意保険というものがあり、どちらも民間の保険会社によるものですが、自賠責保険は強制保険で車を所有する場合、必ず加入しなければいけない保険です。
一方、任意保険は自賠責保険の枠を超える損害賠償などが発生した場合に、これを担保するもので、人身事故を引き起こした場合の賠償や自分の車の修繕費などに充てるもので、人身事故となり相手の車に損傷を与えた場合、自賠責保険の補償では済まないことが多いです。
その際に任意保険が適用されます。
車両保険は設定された車両の価格(価値)分の修繕費や廃車となった場合に、設定金額までの保険金支払いがされますが、車両保険に加入していてもお金が支払われないことがあります。
まず、1つのケースとして、限定補償となっている場合に相手がいない当て逃げや、物との単独事故を引き起こした場合に保険が適用できないことがあります。
この場合、当然保険会社からお金の支払いがありません。
飲酒運転や薬物使用の危険運転の場合、相手への賠償金支払いはされますが、自分の車の修繕費や怪我への補償はされません。
この場合、そもそも法を犯して運転しているため、問題外となりますが、被害者救済のため相手の賠償への保険は有効となり、お金が支払われます。