車両保険のデメリットは保険料がやや割高になることです。これは対面型の従来からあるタイプも、またインターネット通販型の保険でも同様です。 ただし、この保険にはいろいろなメリットもあります。たとえば輸入車などでちょっと高級なタイプの車両などは、ガレージ付きの車庫などでない限りいたずらをされて落書きをされたりあるいは傷をつけられてしまう危険性があります。そのため、この保険に加入しておけばこういった事案にも対応ができます。 また、自動車同士の接触事故などの場合で、相手方が任意保険に加入をしていない場合には、車両関係の費用負担をすぐにしてもらえない可能性があります。そうしたときには日常自動車を使用しなければならないのに、事故により使えないために日常生活に支障が出てきてしまいます。 こうした時にこそ対応するための保険がこの車両保険ですから、加入しておけば事故に遭って相手方が十分な賠償ができない場合でもとりあえずは自分についてはその保険で対応ができるために、あとのことは保険会社と加害者側とで話し合って決めてもらうという流れにできます。つまりそこから先は、被害者側はもうタッチしませんよということができるということになります。