自動車を所有、運転していると、強制加入の自賠責保険と、任意加入の自動車保険があります。
任意加入の自動車保険は、保険契約本体や特約の内容、運転者自身の現況や車種など、さまざまな条件で保険料が決まります。
自動車は、自動車税や駐車料など、燃料費のほかの維持費もいろいろありますが、もしもの時には重大な結果を招くので、ぜひ加入しておきましょう。

 保険の内容の中でも、歩行者や自動車と事故を起こしてしまった場合の補償に加えて、自損事故、自分でぶつけたり、こすってしまったときの修理に使用できる保険を車両保険といいます。
相手がある、いわゆる”交通事故”に比べると格段に可能性が高いので、車両保険の有無は保険料の金額に大きく影響します。
とはいえ、自分でぶつけた修理でも修理代は高額になることがあるので、車両保険を付けておきたいところですが、保険料も抑えたいという時は免責金額を設定します。
たとえば5万円としていしたら、保険仕様の際に5万円だけは自己負担をすることになります。金額設定をいくらにするかで保険料の金額に大きく影響します。

 車両保険を使用すると等級が下がり、翌年の保険料の割引は減ってしまいます。小さな修理なら自費で済ませたほうが翌年以降の保険料も変わらないので、高額な修理が必要なときだけ保険を使うという場合にも有効です。