天災に関する補償特約は、保険会社がもっとも嫌がる部分です。
一度に、広範囲に起こり、大多数の人に対して莫大な保険金を、同時期に払わなければならない。
民間の保険会社が扱うにはリスクが高すぎるので、保険商品としては成り立たないからです。
東日本大震災で、多くの車が津波で流されましたが、自動車保険で再購入出来た人はいないはずです。
その当時も、天災による損害特約はありましたが、保険会社が積極的に販売していなかった事もあって、
その加入率は、1%程度だったからです。
震災後に、お客様からの要望や問い合わせが相次いだために、地震や噴火に対応する特約が再注目されました。
しかし、いくつか注意点があります。
これは、車両が全損した時しか使えません。
住宅に付ける地震保険と違い政府との共同運用ではなく、個々の保険会社が運用しているからでしよう。
少しの傷など一部損まで補償対象なら、保険会社が潰れてしまうので、これは仕方ないかもしれません。
保険金も50万円が上限です。300万の車が駄目になったから、300万が貰えるわけではありません。
保険金の支払い条件からすると、これは同じクラスの車を再購入する為の特約ではなく、
次の生活の足がかりに利用するものだと考えられます。
日常的に車がなければ生活に支障がある方や、
車を使わないと仕事を継続できない事業主の方などが、
20万~30万の中古車を購入するためのものと考えた方がよいです。